【結婚式を彩る】手作り刺繍ウェルカムボード入門

2024/02/29
結婚式という特別な日を彩る、ウェルカムボード。

幸せなお二人の似顔絵を描いたものや、プリザーブドフラワーを施したものなどさまざまありますが、手作りの刺繍ウェルカムボードはいかがですか?

刺繍が生み出すほっこりとした雰囲気が、ウェディング会場を温かく包んでくれます。

本記事では、刺繍ウェルカムボードのデザインアイデアから、材料、作り方、刺繍初心者さんに向けたアドバイスまで詳しく解説しています。

記事の後半では、本格的にウェルカムボードを作りたい・学びたいという方のために、刺繍のプロから学べるオンライン講座も紹介。

世界に1つだけの刺繍ウェルカムボードで、おふたりの門出をお祝いしましょう。/

こんなことがわかります

  • 刺繍ウェルカムボードとは?
  • 刺繍ウェルカムボードの作り方やアイデア
  • 初心者さんにとっての重要なポイント

こんな方におすすめ

  • 結婚式やイベントの準備をしている方
  • 手作りのウェルカムボードに興味がある方
  • 刺繍が好きで新しい作品に挑戦したい方

刺繍ウェルカムボードとは?

刺繍ウェルカムボードとは、布に文字やモチーフを刺繍したウェルカムボードの一種です。

結婚式などのゲストをお迎えするイベントに取り入れられることが多く、手作りの温もりと、細部にまでこだわった繊細なデザインが、おもてなしの心を表現します。

自分の好きなデザインで刺繍すれば、世界に1つだけのウェルカムボードを作ることができます。また、大切な友人への結婚祝いとしてもおすすめです。

インテリアにも馴染む刺繍のウェルカムボードは、結婚式やイベントが終わったあとも記念としておしゃれに飾っておくことができるため、大変人気があります。

ayumi「花束刺繍のアニバーサリーボード講座

刺繍ウェルカムボードのデザイン

可愛いイメージからシンプルでおしゃれなものまで、さまざまなデザインがある刺繍ウェルカムボード。

本章では、刺繍ウェルカムボードの人気デザインや、デザイン選びのポイントを紹介します。

下長根朗子「FANTIST公式 はじめての刺繍入門コース

人気のデザイン

人気のある刺繍ウェルカムボードのデザインには、イニシャル、花柄、動物、季節モチーフなどがあります。

【イニシャル】
主役のお二人のイニシャルを取り入れたデザインは、シンプルながらも品があり、結婚式などの特別な日にぴったりです。

【花柄】
鮮やかな色づかいと繊細なデザインが、温かみと華やかさを演出します。花の種類は、花言葉やお二人の雰囲気から選ぶと愛着もひとしおです。

【動物】
幸せのモチーフとなる動物や、お二人の好きな動物を刺繍したウェルカムボードは、愛らしく親しみやすい印象を与えてくれます。

【季節モチーフ】
桜や紅葉など季節を感じさせるモチーフ。結婚式やイベントの季節を反映させることで、思い出をより鮮やかに回想することができるでしょう。

mmm embroidery「【動物刺繍】ねこのワンポイント刺繍レッスン

デザイン選びのポイント3つ

ネットや本で刺繍デザインを探すと、非常に多くのデザインを見つけることができます。

しかし、単純に好みだけでデザインを選んでしまうと、いざ刺繍を始めた時に想像と違ったり難しくて挫折したりすることも。

ここでは、刺繍ウェルカムボードのデザインを選ぶ際に参考にしてほしいポイントを3つ紹介します。

【季節】
結婚式やパーティーなどでゲストの気持ちを高めてくれるウェルカムボードは、季節感が大切です。春には爽やかな新緑や桜、秋にはコスモスや紅葉などの装飾がよく合います。

【好みの色】
刺繍ウェルカムボードのデザインは、好みの色を選びましょう。テーマカラーを好みの色にすると、全体のバランスが良い『好き』が詰まったウェルカムボードが出来上がります。

【刺繍の難易度】
特に初心者さんは、刺繍の難易度を考慮してデザインを選びましょう。かわいいだけでデザインを選んでしまうと、難易度が高すぎる刺繍にトライすることにもなりかねません。

ご自身の刺繍レベルに合ったデザインは、心地良い疲労感とできた!という満足感をもたらしてくれます。
また、ウェルカムボードを使用するまでの期間と、ご自身の刺繍に費やせる時間とを加味して、刺繍の難易度を決めることも大切です。

結婚式を間近に控えている方は、刺繍に使える時間が少ないこともあるため、特に大切なポイントになります。

下長根朗子「FANTIST公式 はじめての刺繍入門コース

刺繍ウェルカムボードの作り方

刺繍のデザインが決まったら、さっそくウェルカムボードの制作にとりかかりましょう。
本章では、刺繍に必要な材料から作り方まで解説します。

ayumi「花束刺繍のアニバーサリーボード講座

準備するもの

刺繍ウェルカムボードに必要な材料や道具は、次の通りです。

【必要な材料・道具】
  1. 刺繍糸
  2. 刺繍針
  3. 刺繍枠
  4. チャコペン
  5. 裁縫道具

1.布

刺繍ウェルカムボードに使用する布は、やや厚みのあるコットンやリネンなど、刺繍しやすい素材を選びましょう。

布の色は、刺繍糸の色やデザインに合わせて選び、布のサイズは、ウェルカムボードの大きさに合わせてカッティングします。

2. 刺繍糸

刺繍糸は、100円均一のものでも良いですが、DMC刺繍糸などのメーカーが販売している高品質な糸がおすすめです。

刺繍糸の太さは、初めて刺繍をする方の場合、一般的に使用されている「25番刺繍糸(糸が6本で1束になっているもの)」を選択しましょう。

下長根朗子「FANTIST公式 はじめての刺繍入門コース

3. 刺繍針

刺繍針は、刺繍糸の太さに合ったものを選んでください。
25番の刺繍糸を使用する場合は、フランス刺繍針3・4番が対応サイズです。

4. 刺繍枠

刺繍枠は、刺繍する布をピンと張るための枠です。

刺繍枠のサイズは、刺繍する布の大きさに合わせて選びます。しかし、大きすぎると持ちにくいこともあるため、ご自身の手の大きさも考慮して選ぶと良いでしょう。

5. チャコペン

チャコペンは、布にデザインを写すためのペンです。

チャコペンには、水で消えるタイプのものと、熱で消えるタイプのものがあります。刺繍が完成した後に、布に水を吹きかけるかアイロンをかけるかどうかで決めましょう。

6. 裁縫道具

裁縫道具には、針、糸、ハサミ、メジャーなど、裁縫に使用する一般的な道具が含まれます。ご家庭にあるもので十分です。

7.その他装飾品

必要に応じて、刺繍した布を飾る木枠などのフレームや、ファブリックボードに使用する木製ボードなど、作品に必要な装飾品を用意しましょう。

刺繍の方法〜基本のやり方〜

布に刺繍をする手順は、次の通りです。

【刺繍の方法〜基本のやり方〜】
1.布にデザインを写す
2.刺繍枠に布を張る
3.刺繍糸を針に通し、刺繍を始める
4.裏面も綺麗に仕上げる

下長根朗子「FANTIST公式 はじめての刺繍入門コース

布にデザインを写す方法

布にデザインを写すには、次のような方法があります。

【プリンターで印刷したデザインを写す】
印刷したデザインが容易に透けて見えるような布の場合に使える方法です。

【トレース台を使って写す】
下から光を当てることができるトレース台を用いて、絵を透過させて図案を写します。

【チャコペーパーを使って写す】
布、チャコペーパー、図案が書かれた紙の順番で重ねて、ルレットと呼ばれる専用の道具やインクの出ないボールペンなどでなぞります。

下長根朗子「FANTIST公式 はじめての刺繍入門コース

刺繍の刺し方

刺繍糸を針に通して刺繍を始めましょう。

刺繍糸は6本で1束になっているものが多いですが、基本の刺繍は束の中から2本や3本の糸をとって使用します。
基本的なステッチをいくつか覚えるだけで、さまざまなデザインを刺繍することができます。

【基本のステッチ】
  • サテンステッチ
  • ロング&ショートステッチ
  • アウトラインステッチ
  • フレンチノットステッチ
ステッチの詳細は、「最初に覚えよう!7種類のステッチ」をご覧ください。

仕上げをする

刺繍が完成したら、仕上げに取りかかります。

【仕上げの手順】
1.刺繍が完成したら、余分な布を切り落とす
2.裏側に接着芯を貼ると、仕上がりが綺麗に
3.刺繍ボード、額縁、タペストリーなどに仕上げる

さと「好きな写真で作れる!はじめての線画刺繍ボード講座

初心者向けのアドバイス

刺繍ウェルカムボードは、一般的な刺繍作品に比べて大きいため、初めて刺繍をする方にとって少し難易度は高め。

しかし、作品選びや刺繍のポイントをおさえることで、作品完成までのハードルを下げることができます。

本章では、刺繍初心者さんに向けたアドバイスを紹介します。

簡単なデザインから始める

刺繍はデザインによって難易度が大きく異なるため、はじめて刺繍に挑戦する方は簡単なデザインを選ぶのがおすすめです。

得意なステッチが多く使われているデザインを選びましょう。

目立たない場所で練習する

はじめは、目立たない場所や余った布などで刺繍の練習をすることが大切です。

いきなり本番の布に刺繍をしてしまうと、失敗した時に布も時間も無駄になってしまうことに。納得できるまで練習してから本番に臨むことで、作品の完成度も高まります。

焦らずゆっくり刺繍する

焦らずにゆっくり刺繍することで技術を正確に習得することができ、きれいで整った作品に仕上がります。

丁寧に時間をかけた分、完成した時の満足感も大きくなるでしょう。

刺繍ボードが学べるレッスン

刺繍がはじめての方でも、本格的な刺繍ウェディングボードが作れるようになる、オンラインレッスンを紹介します。

いずれのレッスンも講師へチャットで質問できます。理解が難しいところも講師と一緒に1箇所ずつクリアすることができるので、レッスンが終わる頃には刺繍のスキルがぐっと上達したことを実感できるでしょう。

「花束刺繍のアニバーサリーボード」作り講座

基本の刺繍を用いて、『簡単だけど凝って見える』花束のモチーフと、好きな文字をプラスした、本格的な刺繍ボードが制作できるレッスンです。

刺繍は全くのはじめてという方でも、図案の写し方から、基本の刺し方、きれいに仕上げる方法まで丁寧に教えてくれるので、楽しく作品を仕上げることができます。

「線画刺繍ボード」作り講座

簡単な基本のステッチだけで、線画刺繍ボードが作れるようになるレッスンです。

写真から直接線画にする方法を教えてもらえるので、絵を描くのが苦手な方でもオリジナル図案が作れるようになります。

さらに、刺繍だけではなく、オリジナル図案を作るためのアプリや、おしゃれなフォントなど、講師が実際に販売している刺繍ボード作りの全容を教えてもらえるのも嬉しいポイント。

結婚式のウェルカムボードやお子様のバースボードなどを作ってみたい方におすすめの講座です。

刺繍ウェルカムボードで心温まる空間にしよう

刺繍は、柔らかく温かい質感や、細部にわたる繊細な仕上がりが魅力的。

刺繍を施したウェルカムボードは、ゲストが集まる空間を温かい雰囲気で包んでくれることでしょう。

他の人とは少しちがったウェルカムボードにしたい、記念に残る特別な物を作りたいと考えている方は、ぜひ手作りの刺繍ウェルカムボードも候補に入れてみてくださいね。

さと「好きな写真で作れる!はじめての線画刺繍ボード講座

このカテゴリのその他の記事一覧